About Soba

Do you know about soba? Soba has a long history in Japan, in particular Nagano prefecture. Soba is a traditional Japanese noodle made from buckwheat. Soba is a delicate noodle due to its subtle sweet flavor and soft texture. Like most Japanese cuisine, the flavors are clean and the base ingredients shine. Because of this, the difference between well made soba and lesser quality soba is distinct. Furthermore, the balance of the noodle with its broth or dipping sauce is critical. A well made noodle may go to waste because the sauce that it is paired with does not match the noodle. Many soba shops in Japan either have a long history of business or rely on the knowledge of several generations of soba making by training under experienced soba chefs.

 

We hope that you enjoy your soba experience at Oginoya and enjoy the effort and quality of flavor put forth by Chef Jinmura and his staff.

Styles of Eating Soba

Depending on the soba restaurant you go to, the thickness, color and flavor will vary. In general, there are three distinct styles in which it is served.

Zarusoba

This is the most well-known and popular style of eating soba. Zaru in Japanese refers to a bamboo colander. Zarusoba is cooked soba noodles that are quickly cooled with cold water then served on a bamboo colander where the excess drains. These noodles are served with a cold dipping sauce made from soy sauce and flavored primarily with dried bonito shavings. Wasabi and green onion are paired with this sauce as condiments.

 Another variation of zarusoba is seiro. Seiro is zarusoba served with a hearty soup or broth where the cold noodles can be dipped in and eaten with the broth.

Kakesoba

While zarusoba is the cold variation of eating soba, kakesoba is the hot. Kake in Japanese means to pour something over or on top of, so kakesoba is when cooked soba noodles are covered with dashi, a hearty seafood stock. Dashi is primarily made from shaved bonito tuna and kelp. Some popular toppings for kakesoba are duck meat and tempura.

Tojisoba

Toji means to throw or something into in Japanese so tojisoba is a style of eating soba where cold noodles are heated in a hot broth. Similar to shabu shabu, the customer gets to heat their noodles and enjoy an interactive dining experience. Served with a burner to heat the broth and strainer for the noodles.

おぎのやの店主

神村 治男(じんむら はるお)

蕎麦打ち名人高橋邦弘氏に教えをいただき、平成18年  故郷の木祖村でおぎのやを開店。

生家の築130年以上の古民家をできるだけ手をいれずに、店舗とし、趣のある店内としてあります。


About This Establishment

Oginoya was founded by Chef Jinmura Haruo in 2006 after working under master soba chef Takahashi Kunihiro. Chef Jinmura is passionate about his work in the kitchen and is welcoming to his customers on the floor. Oginoya’s building itself is traditional style Japanese architecture and dates back over 130 years. It features tall ceilings, a cozy and comfortable atmosphere and gives the feeling of Edo Japan.

木曽 おぎのや

■住所

長野県木曽郡木祖村藪原1123


大きな地図で見る

 

■営業時間

11:00~15:00

 

■定休日

水曜日

ご予約/お問合せ

■電話

0264-36-2012

 

受付時間

10:00~15:00

そばブログ

2017年

4月

08日

木祖の梅、桜の開花は?四月末~五月始め?

先日、東京の友人宅へ出かける用事があり行ってきました。サクラが満開、気温が朝から17℃ポカポカ、木祖は前日真っ白雪景色  気温の違い、景色の違いを目の当たりに、 思わず 日本って広いんだ、木曽って凄いんだ、身をもって体感。  寒い寒いと言っても木曽も確実に春は近付いているんだ、言い聞かせるように庭のいつもの場所を、フキノトウを探す・・・あったあった4本見っけ。  やっぱり春は来てる来てる 確実に。

今年の梅、サクラ 綺麗だろうなぁ 期待大 楽しみ、ゴールデンウイークにはピンク色、白色が木曽全体を彩るのかな?ワクワク待ち遠しい。 どうぞ 梅、桜 見頃を迎える木曽へ お出かけ下さい。 お待ちしております。

0 コメント

2016年

11月

18日

新蕎麦 ご提供してます

北海道産、地元木祖産の新蕎麦をご提供中です、近日中には茨木産、八ヶ岳産も加わります。 寒い時期に入りましたがお蕎麦は美味しい季節になりました。  自家製粉で 一年間を通して美味しさを保ってはいますが、 何と言ってもこの時期は お い し い です。   「冷たいお蕎麦を味わい、温か蕎麦で暖まっていただく。」寒い時期の食べ方をお勧めします。 お出かけ下さい 従業員一同お待ちしてます。

0 コメント

2016年

10月

11日

今年の紅葉は綺麗かな

少しずつですが山の緑が色付き始めました.朝晩の気温の高低差が大きいほど綺麗な紅葉が楽しめるようです。「10月なのに11月の気温 寒くなります」テレビから聞こえてくる天気予報の声、作物は心配だけどちょっと期待してしまう今年の紅葉。山国だけへの自然からのプレゼント、新蕎麦も入荷しはじめました。

綺麗な景色、お蕎麦を楽しみにお出かけ下さい お待ちしてます。

0 コメント

2016年

8月

21日

ツバメが巣立つ

8月10日水曜定休日ゆっくり店に出勤し買い出しの準備、外が鳥の鳴き声で騒がしいが何だろう、勝手口から顔を出すとツバメが電線に、その数ざっと20羽弱、凄い何なの。 しばらくすると店前の巣に2,3羽、飛び交うこと数分、そして全てのツバメがどこかへ飛び去る。 翌日軒先の巣を覗くが姿見当たらず、待てよ 昨日は旅立ちの日、お別れの日だったんだね。そうかそうか  旅立ちのご挨拶? 元気で無事目的地に到着しますように、 いってらっしゃい。

0 コメント

2016年

8月

08日

つばめ、 ヒナが

6月21日店の軒先にツバメが巣を作り始め、あれよあれよでヒナが巣の中から親鳥に餌の催促。平成18年店を立ち上げた時、食べ物屋だよ、衛生面でみるとツバメの巣 好ましくないよなあ~、二年ほど続いたのかなツバメが来ると掃除、巣の真下の店先はフンで汚れて大変。だめだめ巣作りはさせないよ・・でも今年は何か変だよ、本来だったらとっくにヒナが生まれている時期に巣造り、何かあったのかな?必至に場所探し言葉は通じないが

今年だけだよ、軒先提供は。拒否し続けてきましたがそんなんで許可しちゃいました。

手の届くところに巣があります、どうぞ暖かく見守ってあげてください。旅立ちも近いです。

0 コメント