About Soba

Do you know about soba? Soba has a long history in Japan, in particular Nagano prefecture. Soba is a traditional Japanese noodle made from buckwheat. Soba is a delicate noodle due to its subtle sweet flavor and soft texture. Like most Japanese cuisine, the flavors are clean and the base ingredients shine. Because of this, the difference between well made soba and lesser quality soba is distinct. Furthermore, the balance of the noodle with its broth or dipping sauce is critical. A well made noodle may go to waste because the sauce that it is paired with does not match the noodle. Many soba shops in Japan either have a long history of business or rely on the knowledge of several generations of soba making by training under experienced soba chefs.

 

We hope that you enjoy your soba experience at Oginoya and enjoy the effort and quality of flavor put forth by Chef Jinmura and his staff.

Styles of Eating Soba

Depending on the soba restaurant you go to, the thickness, color and flavor will vary. In general, there are three distinct styles in which it is served.

Zarusoba

This is the most well-known and popular style of eating soba. Zaru in Japanese refers to a bamboo colander. Zarusoba is cooked soba noodles that are quickly cooled with cold water then served on a bamboo colander where the excess drains. These noodles are served with a cold dipping sauce made from soy sauce and flavored primarily with dried bonito shavings. Wasabi and green onion are paired with this sauce as condiments.

 Another variation of zarusoba is seiro. Seiro is zarusoba served with a hearty soup or broth where the cold noodles can be dipped in and eaten with the broth.

Kakesoba

While zarusoba is the cold variation of eating soba, kakesoba is the hot. Kake in Japanese means to pour something over or on top of, so kakesoba is when cooked soba noodles are covered with dashi, a hearty seafood stock. Dashi is primarily made from shaved bonito tuna and kelp. Some popular toppings for kakesoba are duck meat and tempura.

Tojisoba

Toji means to throw or something into in Japanese so tojisoba is a style of eating soba where cold noodles are heated in a hot broth. Similar to shabu shabu, the customer gets to heat their noodles and enjoy an interactive dining experience. Served with a burner to heat the broth and strainer for the noodles.

おぎのやの店主

神村 治男(じんむら はるお)

蕎麦打ち名人高橋邦弘氏に教えをいただき、平成18年  故郷の木祖村でおぎのやを開店。

生家の築130年以上の古民家をできるだけ手をいれずに、店舗とし、趣のある店内としてあります。


About This Establishment

Oginoya was founded by Chef Jinmura Haruo in 2006 after working under master soba chef Takahashi Kunihiro. Chef Jinmura is passionate about his work in the kitchen and is welcoming to his customers on the floor. Oginoya’s building itself is traditional style Japanese architecture and dates back over 130 years. It features tall ceilings, a cozy and comfortable atmosphere and gives the feeling of Edo Japan.

木曽 おぎのや

■住所

長野県木曽郡木祖村藪原1123


大きな地図で見る

 

■営業時間

11:00~15:00

 

■定休日

水曜日・木曜日

ご予約/お問合せ

■電話

0264-36-2012

 

受付時間

10:00~15:00

そばブログ

2019年

7月

12日

薮原神社例大祭開催

今日12日と13日古い伝統をもつ薮原祭りが開催されてます、雨雲の動きが遅くなかなか移動せず、雨の中でのお祭りになるのか心配。   時々晴れ間がのぞき熱くもなく、寒くもない、お祭り日和になれば、ありがたいですね

天気にな~れ。    上(かみ)下(しも)それぞれ山車が出て盛り上げて、本祭りには御神輿が練り歩き賑やかです  お出かけの際は雨具を忘れずに。  交通止めになってます、駐車場は役場前にあります

2019年

7月

09日

シャーベット用の梅収穫

梅雨時の晴れ間を使って収穫、いやいや店に来て下さるお客様が少ないから出来る作業ですね。(寂し~い)

お蕎麦を食べて頂いた食後に「お口直し」としてお出ししている、サービスの梅のシャーベットの収穫が出来ました。今年の梅一本の木に生る量が半端なく凄いです、大きさは大小バラバラですけども。これから女性陣二人で漬け込みます、評判いいですよ  美味しくな~れ 美味しくな~れ お楽しみに。

2019年

7月

04日

やぶはら高原はくさいマラソン大会 終了

雨の中、ありがとうございました。 6月なのに囲炉裏の足元を温め薪ストーブに火をつけてお迎え 雨で身体が冷え切りご注文は温かいお蕎麦かな?っと勝手な思い込み、えっえっご注文頂いたメニューは冷たいお蕎麦がほとんど、サッパリしたかったのかな、凄い雨で大変は傍観者の発想? 案外ランナーさんは走りやすかったのかな? 

お帰りになるお客様に 「風邪ひかないでください」 声かけしました。 改めて ありがとうございます
次回もお待ちしております。

2019年

6月

27日

やぶはら高原 はくさいマラソン大会開催

6月30日こだまの森 で開催されます。  一雨ごとに山の緑が色濃くなり、グリーン色のグラデイションが鮮やかです 走りながら、応援しながら 満喫して下さい。 当日は冷たいお蕎麦、温かいお蕎麦 ご用意して お待ちしております。谷深い木祖村を楽しみに お出かけてください。

2019年

6月

25日

木曽ペインティングス 夜明けの家 終了

6月22日土曜日 空家を利用したアーティストの祭典が終わりました。期間中何処かかしこで人の声、改めて人の声が聞こえる って良いもんですね。木曽ペインティングスさんアーティストの皆さん、木祖村の皆さん ありがとうございました。