そばと相性抜群のスンキ漬け、27年度出来ました

11月中旬 かぶ菜が揃い、寒い寒い日を目安に、かぶ菜洗い、刻み、茹でて、種と混ぜながら漬け込み.

スタッフ全員でワイワイガヤガヤ、それぞれがお家に帰って夕飯の支度があるのに、その都度、時間をかけて丁寧に仕込み、今年も不安だらけで漬け込み完了、美味しくなーれ、美味しくなーれっておまじないと神頼み。

手間と愛情がいっぱいの おぎのや のスンキ、どうぞ召し上がって下さい。

おぎのやの店主

神村 治男(じんむら はるお)

蕎麦打ち名人高橋邦弘氏に教えをいただき、平成18年  故郷の木祖村でおぎのやを開店。

生家の築130年以上の古民家をできるだけ手をいれずに、店舗とし、趣のある店内としてあります。

 

About This Establishment

Oginoya was founded by Chef Jinmura Haruo in 2006 after working under master soba chef Takahashi Kunihiro. Chef Jinmura is passionate about his work in the kitchen and is welcoming to his customers on the floor. Oginoya’s building itself is traditional style Japanese architecture and dates back over 140 years. It features tall ceilings, a cozy and comfortable atmosphere and gives the feeling of Edo Japan.

木曽 おぎのや

■住所

長野県木曽郡木祖村藪原1123


大きな地図で見る

 

■営業時間

11:00~15:00

 

■定休日

水曜日・木曜日

ご予約/お問合せ

■電話

0264-36-2012

 

受付時間

10:00~15:00