高橋邦弘 親父様蕎麦会  無事終了

蕎麦会 4月3日金曜日 無事終了しました。ありがとうございました 

当日は雨、風と最悪の天候不順の中 ご来店頂き、本当にありがとうございました。親父様の蕎麦を打つ音が お ぎ の や に 木曽に 春を 呼んでくれました。 

親父様、お客様 本当にありがとうございました。

来年の蕎麦会を開催できるよう お話ししております お待ち下さい。 

 

 

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    松浦 滋 (火曜日, 18 3月 2014 15:05)

    平成18年「おぎのや」さんの開店された時、湯川酒造の湯川様にご紹介をいただき、お邪魔しました。あれから8年の年月が経ちました。湯川様が亡くなられる前年の4月にも、お蕎麦をいただきました。湯川様が亡くなられ残念でなりませんが、4月5日にお邪魔するつもりでおります。
    私も蕎麦打ちを始めて今年で10年となります。ほぼ毎週土曜日日曜日には蕎麦打ちし、4年前から蕎麦の自家栽培を始めました。
    過日の高橋邦弘様のNHKプロフェッショナルを拝見し、感動しました。
    私のブログ「豊かな人生を生きる」matsussj.exblog.jpでも蕎麦の紹介をさせていただいております。
    4月を楽しみにしております。

  • #2

    平木 喜一郎 (水曜日, 14 5月 2014 08:55)

    5月8日、午前8時に奈良井宿を出発。鳥居峠をあえぎながら登り、藪原についたのがちょうど、11時でした。めざす「おぎのや」は中山道の街道沿いにありました。今日中に木曽福島に行きたくて、少し早目の昼食を摂りました。「おおざるそば」を注文、つゆをつけず味わいながら、メモを取りながら食べていると、「細打ちなので早く食べないと、ダマになってしまい、味が変わりますよ」とご主人から言われ、ハッと気がつき大急ぎでそばを手繰りました。そばの香り、のど越しの良さ、どれをとっても非の打ちどころない完成度高いおそばでした。帰り際にご主人から15分ほど話を聞きました。130年以上も経った古民家でのおそばは、実に心の休まる雰囲気の中での食事でした。ご主人の人柄といい、サービスをされているお嬢さんの優しい気配りといい、何度でも行きたいお店です。

  • #3

    橋詰 正人 (火曜日, 11 11月 2014 06:41)

    11月10日に福井県敦賀市を車で出発して一路木曽路へ時間にして4時間ほどで目的地の『おぎのや』さんに到着後ご主人と世間話をさせて頂き、またいろんな食べ方も知りました。春には蕎麦とお酒を、今度は車では無くて電車で寄せて頂きたいですねぇ~
    紹介して頂いた湯川所蔵さんでは小鳥初しぼりの本元を購入しちゃいました。

  • #4

    キタスナスズキ (月曜日, 22 12月 2014 16:48)

    神ちゃんお元気ですか。今年は大変な一年でしたね。私は年末恒例の白馬(民宿かみ)へスキーに行きます。行き道寄れたらお邪魔しますね。久しぶりに逢いたいです。

おぎのやの店主

神村 治男(じんむら はるお)

蕎麦打ち名人高橋邦弘氏に教えをいただき、平成18年  故郷の木祖村でおぎのやを開店。

生家の築130年以上の古民家をできるだけ手をいれずに、店舗とし、趣のある店内としてあります。


About This Establishment

Oginoya was founded by Chef Jinmura Haruo in 2006 after working under master soba chef Takahashi Kunihiro. Chef Jinmura is passionate about his work in the kitchen and is welcoming to his customers on the floor. Oginoya’s building itself is traditional style Japanese architecture and dates back over 130 years. It features tall ceilings, a cozy and comfortable atmosphere and gives the feeling of Edo Japan.

木曽 おぎのや

■住所

長野県木曽郡木祖村藪原1123


大きな地図で見る

 

■営業時間

11:00~15:00

 

■定休日

水曜日・木曜日

ご予約/お問合せ

■電話

0264-36-2012

 

受付時間

10:00~15:00