おぎのやのお品書き

おすすめ 一度は味わってください

ざるそば

 

750円(税込)(一枚) / 1,500円(税込)(二枚)

 

粒ぞろえが済んだ抜き実を毎朝石臼で粉にした、

引きたて、打ちたて、茹でたて 

喉ごし良く、甘味があり、もちもちしたお蕎麦です 

季節限定

 

鴨とうじそば

 

1,950円(税込)

岩手の鴨屋、生産者から直接仕入れ 脂身もあっさり、甘味のあるカモ肉を使ってます

投汁そば 人気の鴨 が鍋の中でふつふつ 美味しいです 

 

すんきとうじそば

 

1,800円(税込

11月末から翌年3月末までの季節限定漬物を具にして食べる、お蕎麦のしゃぶしゃぶ 

投汁蕎麦 とうじそば 酸っぱさがくせになります

 

定番

 

とろろそば

 

1,180円(税込

トロロが汁の中で薄められ お~いトロロ、と探しながら 悲しい思いで 食べたことを思い出し、新たに作った とろろそば、とろろ大好き人間にお勧め 蕎麦の上に一見目玉焼き、徳利の汁をお好みでかけていただき、混ぜて食べます。蕎麦湯はお皿に注ぎ込み トロロ、汁、残りを混ぜて楽しんで頂く蕎麦です。 

 

 

 

 

鴨せいろ

 

1,400円(税込

 

おぎのや 人気メニューNO1 美味しくて、お肌ツルツル スタッフも大好き 

【特別メニュー】倍鴨 500円プラスで1,900円(税込)

具の鴨とネギが2倍です!

 

彩そば

 

1,080円(税込

揚げ玉(削り節を揚げたモノ)、梅、薬味をお皿の中のお蕎麦にのせ、とっくりのそばつゆをかけて混ぜて食べます。蕎麦湯は食べ終わったお皿のなかへ・・お皿に残った汁、梅、薬味 + 蕎麦湯 =甘酸っぱい汁でもうひと味楽しんで下さい

 

 

揚げ玉せいろ

 

1,080円(税込

おかか(削り節)を玉状に揚げた 揚げ玉(注)・・天ぷらのかすではありません

カモ、トロロ、・・食べれないお客様は 揚げ玉せいろ を注文。わざわざ食べに来て下さるお客様もいらっしゃいます。

 

すんきせいろ

 

1,100円(税込

11月末~3月末日までの季節限定具材そばです

 

かけそば

 

950円(税込

とろみが付いた ふうふうしながら食べる、体の芯から温まる蕎麦  夏でも汗ふきふき 食べるお客様も・・・

冬 ざる蕎麦を楽しんで冷えた体を かけそば で温めて こんな楽しみ方も・・・ 食べ方は自由です。

 

鴨なんそば

 

1,500円(税込

 

【特別メニュー】倍鴨500円プラス 具の鴨とネギが2倍です!

 

すんきそば

 

1,200円(税込

 

11月末~3月末日までの季節限定具材そばです

 

五菜とうじそば

 

1,800円(税込)

 五種類の野菜 ・・ 人参 椎茸 ネギ ごぼう 長芋 そして 油揚げ を使った・・五菜とうじそば

それぞれの野菜が個性豊かに、甘く温かく、栄養満点 野菜嫌い、野菜不足の方是非食べて下さい。

 

 

鴨やき鍋 (鴨すき焼き)

 

1,100円(税込

カモとネギが一皿に・・最初はお塩で食べていただき、割り下お汁で煮込んで二度美味しい鍋です

お勧めは ざるそば をご一緒に注文  そば食べながら カモ、ネギを楽しんでお腹いっぱいメニュー

 

写真掲載 間に合ってません ごめんなさい

 

揚げ玉 一皿

 

160円(税込

 

そばクレープ

 

540円(税込

生地を一晩寝かせて作る 蕎麦屋の本格的クレープ 作り方もクレープ屋修行された方の指導のもと

具材を変えればガレットに代わる生地  別腹で楽しんで下さい

 

そばぜんざい

 

370円(税込

 

トマトそば (季節限定夏期のみ)

1,100円(税込

 

冷たいお蕎麦にトマトと薬味二種類、まぜてお召し上がり下さい。

 暑い暑い季節に  トマト好きに  お す す め

 

画像処理中 ごめんなさい

お飲み物

日本酒は、ご近所さんの湯川酒造店さんの心の通う酒木曽路をご準備しております。

 

そばを堪能する前に、お米の旨味を引き出した純米酒はいかがですか。

 

日本酒

 

木曽路 特別純米酒 一合

 

700円(税込

 

日本酒

 

三割麹純米酒  一合

 

600円(税込

 

ビール

 

中瓶

 

600円(税込

おぎのやの店主

神村 治男(じんむら はるお)

蕎麦打ち名人高橋邦弘氏に教えをいただき、平成18年  故郷の木祖村でおぎのやを開店。

生家の築130年以上の古民家をできるだけ手をいれずに、店舗とし、趣のある店内としてあります。


About This Establishment

Oginoya was founded by Chef Jinmura Haruo in 2006 after working under master soba chef Takahashi Kunihiro. Chef Jinmura is passionate about his work in the kitchen and is welcoming to his customers on the floor. Oginoya’s building itself is traditional style Japanese architecture and dates back over 130 years. It features tall ceilings, a cozy and comfortable atmosphere and gives the feeling of Edo Japan.

木曽 おぎのや

■住所

長野県木曽郡木祖村藪原1123


大きな地図で見る

 

■営業時間

11:00~15:00

 

■定休日

水曜日・木曜日

ご予約/お問合せ

■電話

0264-36-2012

 

受付時間

10:00~15:00