手打ちそば 木曽 おぎのや

おぎのやの蕎麦

おぎのやのそば

木曽 源流の里、お水に恵まれたまれたふくよかな味わいのそばをご賞味下さい
のどごしの良さ、そばの香りは店主が師より忠実に受け継いだ独特のものです

 

自家製粉にこだわり

材料のうまみをいかに引き出すか

そして、ほんとうに 美味しいそばを味わっていただきたいと願って 日々そばに向き合っています

ほんのわずかの湿気の違いでも、そばはうまみを閉じてしまいます

 

おいしい そば   を食べて頂いた時の満足そうなお客様の顔が何よりの店主の宝です

 

 

今月のおすすめ

木曽名産のすんき

すんき漬けという木曽特有の漬物です

カブ菜を植物性乳酸菌発酵させたもので 無塩 です。体に良いと今注目されています

スッキリとした酸味があり、くせになるお味です。

お知らせ

2016年

8月

19日

臨時休業

大変申し訳ございません。8月24日(水曜日)、25日(木曜日)、26日(金曜日)、定休日及び臨時休業させて頂きます。よろしくお願いいたします。

0 コメント

2016年

8月

19日

平成28年定休日

平成28年  

 【6月定休日】

 1日、8日、15日、22日、  臨時休業27日28日29日

 【7月定休日】

  6日、13日、20日、27日、

 【8月定休日】

  3日、10日、17日、24日、 臨時休業25日、26日、 31日

 

そば粉の販売始めました、ご利用ください。

  お持ち帰り蕎麦 、ご贈答そば のご注文承ります

 

 

 

2 コメント

2016年

4月

07日

臨時休業のお知らせ

大変申し訳ございません4月10日日曜日、友人の娘さんが結婚をすることになり、式に参列する為、臨時休業とさせて頂き日帰りで行ってきます。木祖村も平年と比べても暖かく梅が八分咲き数日で満開、桜もつぼみ状態、何時もですと梅、桜、桃全てが同時に満開を迎えるんです。何よりもこれから新緑を迎える山、畑、土手全てが緑で埋め尽くされます、圧巻です。楽しみに 木曽谷へ お出かけ下さい。

0 コメント

2016年

3月

29日

蕎麦会中止のお知らせ

4月8日高橋邦弘親父様蕎麦会中止

続きを読む 2 コメント

2016年

3月

03日

スンキ終わりました

本年度27年暮れのスンキ漬け メニューすべて終了です。今年もビックリ驚く事ばかり、酸味が遠く物足りないかと気落ちしてましたが、時間が経過することで、旨味が凄い 美味い、こんなに旨味が出たのは初めて、改めて奥深さを知る年でしたね。

どうぞ暮れに仕込むスンキが、酸味があって、旨味がでる。 上手に漬け込むことが出来ます様にお願いします。

神頼みしながら、今年11月末のスンキがますます 美味しくなりますように、 再度念を押して、

ありがとうございました。

0 コメント

2016年

2月

22日

蕎麦会開催 高橋邦弘親父様来店

平成28年4月8日金曜日 親父様 蕎麦会 開催が決まりました。

4月で11年目に入ります、皆様に支えられ、なんとかここまで来ました。本当にありがとうございます。

親父様の体力、年齢を考えますと、時間まで、ではなく お蕎麦がなくなりしだい 蕎麦会を終了させて頂きます、申し訳ございません

宜しくお願い致します

1 コメント

2015年

12月

11日

そば お持ち帰り、年越し用準備出来ました

今年も残りわずか、自分が歳を重ねるごとにカレンダーの月日の経過が早く、あっという間の一年です。温かい時期は止めていましたお持ち帰り、及び発送蕎麦の販売を再開しました。

新しい年を迎える年越しそば、お世話になった方への贈答そば、蕎麦好きに、・・・あらゆる方におぎのやの新蕎麦をお使い下さい。

0 コメント

2015年

12月

04日

そばと相性抜群のスンキ漬け、27年度出来ました

11月中旬 かぶ菜が揃い、寒い寒い日を目安に、かぶ菜洗い、刻み、茹でて、種と混ぜながら漬け込み.

スタッフ全員でワイワイガヤガヤ、それぞれがお家に帰って夕飯の支度があるのに、その都度、時間をかけて丁寧に仕込み、今年も不安だらけで漬け込み完了、美味しくなーれ、美味しくなーれっておまじないと神頼み。

手間と愛情がいっぱいの おぎのや のスンキ、どうぞ召し上がって下さい。

0 コメント

2015年

9月

11日

皇女和宮御下向行列開催(こうじょかずのみや ごげこう ぎょうれつ)

平成27年10月18日 日曜日 午前11時~正午 藪原宿(行列場所あり)において 仁孝天皇の皇女・和宮さまが14代将軍徳川家茂さまへのお輿入れの様子を再現するイベントが開催されます。

めでたい 催しなので、ご来店いただいたお客様へ 食事後、おぎのや特製「そばぜんざい」を無料 ご提供しようと スタッフ一同お待ち申し上げます。

0 コメント

2015年

6月

29日

蕎麦教室開催

8月18日火曜日 受講者3名様 11時から  蕎麦打ち出来る服装は各自用意、 前掛、帽子 頭巾、白衣等

蕎麦打ち道具持ち込みok   受講費用10,000円    詳しくは電話でご確認下さい。

講習内容 店主実演  昼食  個別指導、蕎麦お持ち帰り    定員になりしだい締め切らさせていただきます 

2 コメント

おぎのやの店主

神村 治男(じんむら はるお)

蕎麦打ち名人高橋邦弘氏に教えをいただき、平成18年  故郷の木祖村でおぎのやを開店。

生家の築130年以上の古民家をできるだけ手をいれずに、店舗とし、趣のある店内としてあります。


About This Establishment

Oginoya was founded by Chef Jinmura Haruo in 2006 after working under master soba chef Takahashi Kunihiro. Chef Jinmura is passionate about his work in the kitchen and is welcoming to his customers on the floor. Oginoya’s building itself is traditional style Japanese architecture and dates back over 130 years. It features tall ceilings, a cozy and comfortable atmosphere and gives the feeling of Edo Japan.

木曽 おぎのや

■住所

長野県木曽郡木祖村藪原1123


大きな地図で見る

 

■営業時間

11:00~15:00

 

■定休日

水曜日

ご予約/お問合せ

■電話

0264-36-2012

 

受付時間

10:00~15:00

そばブログ

2016年

8月

21日

ツバメが巣立つ

8月10日水曜定休日ゆっくり店に出勤し買い出しの準備、外が鳥の鳴き声で騒がしいが何だろう、勝手口から顔を出すとツバメが電線に、その数ざっと20羽弱、凄い何なの。 しばらくすると店前の巣に2,3羽、飛び交うこと数分、そして全てのツバメがどこかへ飛び去る。 翌日軒先の巣を覗くが姿見当たらず、待てよ 昨日は旅立ちの日、お別れの日だったんだね。そうかそうか  旅立ちのご挨拶? 元気で無事目的地に到着しますように、 いってらっしゃい。

0 コメント

2016年

8月

08日

つばめ、 ヒナが

6月21日店の軒先にツバメが巣を作り始め、あれよあれよでヒナが巣の中から親鳥に餌の催促。平成18年店を立ち上げた時、食べ物屋だよ、衛生面でみるとツバメの巣 好ましくないよなあ~、二年ほど続いたのかなツバメが来ると掃除、巣の真下の店先はフンで汚れて大変。だめだめ巣作りはさせないよ・・でも今年は何か変だよ、本来だったらとっくにヒナが生まれている時期に巣造り、何かあったのかな?必至に場所探し言葉は通じないが

今年だけだよ、軒先提供は。拒否し続けてきましたがそんなんで許可しちゃいました。

手の届くところに巣があります、どうぞ暖かく見守ってあげてください。旅立ちも近いです。

0 コメント

2016年

7月

21日

ご迷惑をお掛けします。

開業当初から、お一人様複数ご注文を頂いた時、一枚づつ食べて頂くよう頃合いを見計らいお出ししております。

少しでも最初と同じ味を楽しんで頂きたいとの思いから、注文枚数を同時にお出しする事はしておりません。

混雑時はもちろん、時には次のお客様をお待たせしてしまうこともございます  どうぞご理解下さい。

申し訳ございません。

0 コメント

2016年

7月

04日

お祭り です

7月8日9日藪原祭りが開催されます。上獅子、下獅子、お御輿、と3団体がそれぞれ藪原宿を巡行します、ここ数年前から金曜日、土曜日の開催日ですが、今年は旧開催日の8日9日と日にちと曜日が重なり、より「お目出度い」お祭りになりそうです、それぞれの「寄け合い」がワクワク、見どころ満載。お出かけ下さい。

0 コメント

2016年

6月

20日

英語の看板を設置しました。

木祖村にも連日外国の方がお見えになります、藪原駅で降り鳥居峠を超えて奈良井宿まで何組かの外人さんが峠を目指すようです。  案内板、パンフレットなどの地図ですとおぎのやの前は通らず手前で右折、本来の中山道は店の前を通る道なのに残念。指をくわえて寂しい思いをするよりも何か出来ないかなと、そんな事からおぎのやの店前と、横壁に英語の案内板設置、少しでも目につくよう。  それとこちらからも鳥居峠に行けます、英語の案内を店内にも用意してます。少しでも不安要素を取り除き楽しい木曽路を満喫して頂きたい、そして こだわりのお蕎麦を食べて欲しいとの思いから。「いらっしゃいませ」

0 コメント